総合アルミ Google
| ホーム | 会社概要 | 工事実績 | 製造 | アクセス | リンク |
製品ができるまで 暮らしの中のアルミニウム
アルミニウムの誕生 金属とアレルギーについて
アルミニウムの系統 アルミニウムのお手入れ
美しい姉妹たち アルミニウムと健康
宝石にまつわる話
■魔性のブルーダイヤ、ホープダイヤモンド
1666年にインドからフランス人貿易商が、お寺の像の眼にあったブルーダイヤモンドを盗んだことが、悲劇の始まりでした。その2年後フランス王ルイ14世に売却し、彼はハート型にカットし、フレンチブルー・ダイヤモンドと名付けました。4カ月後、貿易商は破産しました。インドからの帰りに溺れかけ、帰国と同時に野犬の群れに食い殺され変死体で発見されました。
その後ダイヤは、マリー・アントワネットに伝えられましたが、このルイ王朝は、フランス革命に巻き込まれて、自らの臣民によって斬首されました。その後30年ほど姿を消し、正体不明の男の手により、オランダの宝石商のもとに持ち込まれ再研磨され、67.5カラットあったダイヤは45.5カラットまで研磨されたといわれてます。ところがダイヤは正体不明の男の手に渡る事はなく、宝石商の息子が盗み出しました。そして宝石商親子は、罪を嘆き共に自殺を遂げてしまいました。「呪われし者」として知られたアブドゥル・ハミも、ホープ・ダイヤモンドを所有したと言われてます。息子に玉座を追われたハミは無一文の狂人として死にました。その後ブルーダイヤはロンドンにその姿を現します。入手経路は分かりませんが、実業家エリアソンが手に入れたのです。彼はダイヤを手に入れて数日後、落馬で死亡しました。そして、彼の遺品であるダイヤが1839年ロンドンのオークションに出展されました。

 呪いの噂は誰もが知ってはいましたが、ダイヤの価値はもちろん、数々の伝説から誰もが手に入れたがりました。呪いのブルーダイヤを競り落としたのは、実業家のヘンリー・フィリップ・ホープでした。ホープ・ダイヤモンドの名は、彼に因んだものです。彼は、オークションでホープを手に入れたときが人生の絶頂期で、それからは坂道を転がるかのように多くの不幸に見舞われました。人々はそのホープの人生に注目しました。その期待に応えるかのようにホープは落ちぶれ、ダイヤを買った数年後に破産、ホープも死亡しました。だが一族はこのダイヤを手放さず、ホープ家は4代に渡ってダイヤを所有、そして一族は地に落ちました。そしてこのダイヤは、呪いのホープダイヤモンドと呼ばれるようになるのです。そして、ついに手離れたホープダイヤモンドをあのカルティエが購入しました。

1909年カルティエは、買ったばかりのホープ・ダイヤを新聞王、アメリカ人のエヴァリン・ウォルシュ・マクリーン婦人に売却します。ブルーダイヤはその呪いの威力を弱めることなく発揮しました。1918年、マックリーンの長男が交通事故死しました。さらに夫の浮気が原因で、評判だった夫婦仲に亀裂が走り、娘までも睡眠薬の飲み過ぎで変死しました。その数ヶ月後には、マックリーン夫人も肺炎で病死しました。

1949年マクリーン婦人の遺産の中からハリー・ウィンストンがホープ・ダイヤモンド買いました。これを、飛行機で運ぶとき、ニュースとなりました。ハリーの隣りに座っていた乗客が、ハリーとは知らずに、”この飛行機にハリーウィンストンが、あの有名な呪われたダイヤモンドもって、搭乗してるらしい…。飛行機が、墜落するかも…”と語ったそうです。ハリーは、宝石商としてホープに認められたといわれています。しかし、そのハリーは、10年間所有した後、スミソニアン博物館に寄贈しました。その後何も起こらないところを見ると、魔性の石はようやく安住の地を得たのかもしれません。

紺碧に輝く希望の石-ホープは、その所有者に災いをもたらしてきたダイヤとして知られます。身に付けると人間にマイナスの作用を及ぼす電気的痕跡が放出されていて、それを身につけた人はストレスや体力低下、いらだちなどで自分を見失い、病気、自殺など人生そのものがマイナスの方向に作用していったのではないかという仮説もあり、中には、社会的状況などが原因となった者もいるでしょうが、所有者たちがダイヤを身につけていたことを考えると、周囲の者の死もそのマイナスの作用の結果ではないかと考えられるのです。あの有名なマリリン・モンローも、主演映画の中で、本物のホープダイヤを身につけました。彼女の変死も周知の事実です。そして、真偽は未だわかりません。

ホープダイヤを所有した人が、不信感と、その美しさに魅入られて自分自身で人生を狂わしてしまったのかもしれませんが、人の人生を簡単に狂わすくらい美しい宝石を手にする機会を持てる人にしか、その気持ちはわからないのかもしれません。

■世界最大のダイヤモンド
歴史上最大のダイヤモンド、カリナン・ダイヤモンドは1905年、南アフリカのプレミア鉱山で発見されました。発見したのはこの鉱山の管理人で、最初彼は大きなガラスの塊がいたずらによって埋められていると思ったとの事です。というのも、当時ガラスを埋めて騙しあうというゲームがはやっていたからです。実際、その原石はあまりに大きかったそうで、この原石は3106カラット(621.2g)、サイズはおよそ縦5cm、横6cm、厚さ10cmもありました。しかしカリナン・ダイヤモンドは8面体ではなく、最大の表面部分は天然の劈開面が現れていたため、カリナンは巨大なダイヤモンドが欠けた一部分ではないかと考える採掘者たちもおり、この母岩を発見することがしばらくの間、採掘者たちの夢ともなったのでした。当然のことながら、その巨大な母岩は見つかりませんでしたが・・・。
この鉱山を開発したトーマス・カリナンの名にちなんでカリナンと名づけられました。このカリナン・ダイヤモンドはトランスバール州政府が買い取り、これを政府は、英国王エドワード7世の66歳の誕生日に献上しました。エドワード国王はこの石(と言うよりも岩に近いですが)をカットするために、アッシャー・ダイヤモンド社に依頼しました。当時、アッシャー・ダイヤモンド社と言えば、エクセルシアー・ダイヤモンド(原石で995.2 カラット) やその他大きな石をカットした経験を持つ、有名なアムステルダムの会社でした。
アッシャーは、このダイヤモンドのカットのために数カ月も分析をして、ついに1908年2月10日ナイフを当て、意を決して金槌を打ち下ろしました。ガキッと音が鳴り響きました。しかし、ダイヤモンドは相変わらずコブシ大の大きさのままでした。ダイヤモンドが砕ける代わりに、ナイフが折れてしまったのです。結局一度目の挑戦は失敗に終わりました。ですが、ダイヤモンドが不本意に粉々に割れてしまうことを考えれば、ナイフなどどうでも良かったことでしょう。とにかく緊張の一瞬は過ぎました。
翌日から恐る恐る数度となく挑戦し、ついに石は数ヶ月の計算の甲斐逢ってか最高の方向に割れました。しかし、そのときアッシャーは、しばらくその結果を知ることが出来ませんでした。アッシャーは、そのあまりにもの緊張で倒れてしまったのです。そう、気絶したのです。 もし、失敗してこなごなに砕けたりしていたら、多分死罪かそれ相応の罪、もしそれを問われないにしても世界最大のダイヤモンドを無駄にした会社ということで会社の存続も危ぶまれることになっていたことでしょう。アッシャー社は、この彼の人生最大の賭けとも言える功績と以前の功績を称えられ、後にオランダのユリアナ女王陛下よりロイヤルの称号を与えられました。
そのときの一番大きい石は、世界最大のカット・ダイヤで、洋梨の形(ペアシェープといいます)で、530.2ctもあり、王笏にとめられました。これがカリナンT(別名グレート・スター・オブ・アフリカ)です。今は、ロンドン塔に飾られています。世界2位もこのときカットされたダイヤで、王冠の正面にセットされてます。これもロンドン塔の中に飾られています。
カリナンI
カリナンII

取扱商品:アルミ押出形材(OEM含む)・手摺・笠木・下端笠木・間仕切・面格子・エクステリア
パンチング他・付帯する建築金物(アルミ建材・ステンレス製品及び曲物)の金属工事一式。

株式会社 総合アルミセンター
〒599-8252 大阪府堺市中区楢葉186−7  TEL 072(234)0810  FAx 072(234)1030
E-MAIL <営業部> contact@sougou-arumi.co.jp <広報部> info@sougou-arumi.co.jp
Copyright(C) 2001, sougou-almi.CO.LTD, All rights reserved